日本語/English

最終更新日:2018年05月10日

チンパンジー・Washoeが描いた絵

チンパンジーの

Washoe

(wa' showと発音します。日本ではワシューもしくはワショーと表記されることが多いです。ここでは以下はワショーと表記します)が描いた絵「RED BERRY」
チンパンジー・ワシューが描いた絵 RED BERRY
Image Credit: Deborah and Roger Fouts
チンパンジー・ワショーが描いた絵「RED BERRY」

2005年11月10日

ワショーは初めて手話を覚えたチンパンジーとして知られています。そのワショーが描いた絵が、 現在ワショーが住んでいるアメリカのカルフォニアから、アイの絵のお礼として届きました。

チンパンジー・ワショー Washoe の写真
Image Credit: Deborah and Roger Fouts

ワショーについて

1966年にネバダ大学の心理学者ガードナー夫妻がチンパンジーに手話を教えるという研究プロジェクトを始めました。 ワショーは、その被験者の一員となった女性です。ワショーという名前は、ネバダ大学の近くの町の名前Washoeにちなんで名づけられました。 そのプロジェクトのメンバーだったファウツ夫妻が、のちに創設したChimpanzee and Human Communication Instituteが、ワショーが2005年現在 (追記:ワショーは2007年に逝去しました)すんでいる施設です。

ワショーは百あまりの手話サインをおぼえ、手話をつかってヒトと双方向のコミュニケーションができるようになりました。 1969年にサイエンス誌にワショーの研究成果1が発表され大きな話題となり、ワショーは有名人になりました。

1. R. Allen Gardner and Beatrice T. Gardner. “Teaching Sign Language to a Chimpanzee.” Science, vol. 165, no. 3894, 1969, pp. 664-672. JSTOR, JSTOR, www.jstor.org/stable/1727877.

•Friends of Washoe http://www.friendsofwashoe.org/

•The Chimpanzee and Human Communication Institute http://www.cwu.edu/~cwuchci/ (2018/05現在リンク切れです)


アイが描いたこの絵が、ワショーの研究をされているロジャー・ファウツ博士に贈られました。(上写真:アイが描いた絵 / 下写真:制作中のアイ) チンパンジーのアイ、お絵描き
チンパンジー・ワショーが描いた絵を背景にして
写真:作品展を鑑賞中のジェーン・グドール博士と共に。ワショーが描いた絵の横で。
アーツ・アンド・エイプス ─大型類人猿から芸術を考える─

チンパンジー・ワショーが描いた絵"RED BERRY"は、 SAGA8シンポジウムで展示されています。  
2005/11/7~2005/11/19 大阪芸大キャンパス  
2005/11/20~3週間 大阪市立天王寺動物園展示室
 
SAGA(アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い; Support for African/Asian Great Apesの略称)は、 チンパンジー(およびボノボ)、ゴリラ、オランウータンの3属4種に分類される大型類人猿の現状と将来について、研究・飼育・自然保護という立場から考えるために集まった非営利団体で、 毎年1回シンポジウムを開催しています。

追記
作品展「アーツ・アンド・エイプス ─大型類人猿から芸術を考える─」は好評のうちに終了いたしました。ご来場いただきましてありがとうございました。


追記:2011年に岩波書店から出版された、松沢哲郎教授の著書「想像するちから - チンパンジーが教えてくれた人間の心」の第八章の、「チンパンジーの描く絵、人間の描く絵」節のなかで、 このアイとワシューの絵が載っています。また、この章「想像するちから」が2013年度から高校2年生で使用される三省堂の国語教科書「明解現代文B」にも採択されたため、教科書にもアイとワシューの絵が登場することとなりました。