Reoれお

名前
レオ
母親であるレイコの「レ」の字をもらいました。
生年月日
1982年5月18日
産まれた場所
京都大学霊長類研究所です。
人工授精で生まれた2番目のチンパンジーです。
血縁
お母さんはレイコ、お父さんはゴンです。お母さんに育てられました。クロエとの間にクレオプチとの間にピコ(故)という子どもをもうけました。
大好きな食べ物をもらうと、ついつい声が出てしまいます。「レオがまたうれし泣きしている」と言われます。
外見上の特徴
(レイコ + ゴン)÷2=レオ
数式ができるほど、良く似ているんだそうです。
チャームポイント
2006年9月26日レオは急性脊髄炎を患い突然首から下が麻痺し寝たきりの生活になってしまいました。 研究所スタッフによる懸命な治療・介護が実り、彼は驚異的な回復を遂げ見違えるほど動けるようになりました。 発症から6年間リハビリを頑張り続けている、そこが彼の一番のチャームポイントだと思います。

Galleryレオの写真集 (下の写真をクリックすると、詳細ページをご覧いただけます。)

 
絶望しないチンパンジー
写真集:2011年9月

この後ろ姿、 誰だかわかりますか?
ご無沙汰だったレオです。 2006年9月、レオは脊髄炎を患い、 手と足が麻痺で動かなくなって 寝たきりの生活に....

続きを読む
 
レイコ・レオ
写真集:2006年6月

レイコのバックアップでさらにパワフルにディスプレイするレオ。 「オレはやるで・・・・」  

続きを読む
 
レオ 2005.09
写真集:2005年9月

レオの最近のお気に入りは・・・
プチとグルーミングすること。 でもプチは、あんまり相手してくれません。
背を向けられても・・・・

続きを読む
 

Photosレオの写真集 (下の写真をクリックすると、写真を拡大してご覧いただけます。)

レオ19歳のころ  (2002年3月撮影)
(本人同士にその意識はありませんが)子どものクレオと。
 
 

レオ23歳のころ



2005年7月撮影

レオ23歳のころ



2005年8月撮影

レオ23歳のころ



2005年9月撮影

レオ24歳のころ



2006年5月撮影

レオ24歳のころ



2006年6月撮影

レオ24歳のころ



2006年6月撮影

レオ24歳のころ



2006年6月撮影

レオ24歳のころ



2006年7月撮影

  レオ26歳のころ
2006年9月、レオは急性脊髄炎を患い首から下が麻痺し寝たきりの生活になってしまいました。
研究所のスタッフによる懸命な治療、24時間体制での介護が実り、2008年には上肢でぶらさがって立てるようになりました。
 
レオ29歳のころ
脊髄炎発症から5年、レオは驚異的な回復を遂げ、見違えるほど動けるようになりました。
レオ、がんばっています!

Related articleこちらのページもどうぞご覧ください