クレオ生後39週目

2001.03.19
子育て

21日、クーの9ヶ月検診がおこなわれました。朝9時、クロエに鎮静薬が入ったオレンジジュースを飲ませ、約1時間後クロエの動きが鈍くなったところで、友永先生がクロエの腕に麻酔薬を注射しました。クーをクロエから離そうとすると、クーは大きな声でなきましたがすぐに落ち着き、それ以後はあまりなきませんでした。検診の結果、体重は3470g(6ヶ月検診時から500gの増加)、歯は犬歯以外の乳歯16本がはえていることがわかりました。昼11時30分には、全ての検査項目が無事終了し、クーはクロエのもとに戻されました。

 実験室のモニターの前には、チンパンジーが叩き壊すことがないよう、アクリル板のカバーがされています。23日の発達検査では、クーはここによじ登り(写真上)、カバーの中へ全身をいれました。クーはすぐに出方がわからず困ったのか、唇を突き出しなきました。クロエは特にあわてる様子もなく、クレオの腕を持って助け出しました(写真下)。


↓こちらもどうぞ