Image Credit: Tetsuro Matsuzawa /Primate Research Institute, Kyoto University イモを洗って食べる宮崎県幸島の野生サル
イモを洗って食べる宮崎県幸島の野生サル

ローマに行った。3泊5日1機中泊。3日間の学会に出て帰ってくる典型的なパターンだ。目的はヨーロッパ霊長類学連合での講演である。

イタリアに野生のサルはいない。そもそもヨーロッパや北米にはサルがいないので、欧米人がサルを研究するには、中南米、アフリカ、インド・東南アジアまで出かけないといけない。日本にはニホンザルがいるので、国内で研究ができる。

野生ニホンザルの研究で、欧米で最も広く知られているのは、宮崎県の幸島にすむ野生サルのイモ洗いだ。ちょうど50年前の1965年に、河合雅雄が『プリマーテス』という英文の国際学術誌に論文を書いた。

調べてみると、これまでほかの学者によって691回、引用されている。引用は論文の影響力を測る指標で、この数字はすばらしい。

第一発見者は地元の小学校教師、三戸サツエだ。53年夏、1歳半のメスがイモを水で洗っているのを見た。餌付けのために与えたイモに土がついており、それを洗って食べていた。

知らせを聞いた京大の研究者がこの子ザルに「イモ」と名付け、行動を注意深く見守り続けた。のちに京大教授となる川村俊蔵が日本語で最初の論文を書き、発見から12年後、河合の英語論文に結実した。

幸島のサルのイモ洗いは、人間以外にも文化と呼べるものがある証拠となった。文化には重要な側面が3つある。「起源」と「伝播」、そして「変容」だ。

まず起源。イモという子ザルが始めたものだ。次に伝播。血縁と遊び仲間という2つの経路で群れの中に広がった。イモの母親やきょうだいが洗うようになり、さらにイモの1歳上や下の子ザルがまねをした。

そして変容。最初は小川で洗っていたが、世代を超えて伝わるうち、浜辺までもっていって海水につけて食べるようになった。土を落とすという当初の目的が、塩味をつけることに変わったらしい。3つの側面を備えたイモ洗いは、まさしく文化と呼べるだろう。

サルのイモ洗いは、アメリカの思想家ケン・キース・ジュニアが書いた『百番目のサル』という著作によって、本来とは違う形で世界の人々に知られるようになった。

いわく、日本の幸島で、イモを洗って食べる習慣がサルの間に広まった。99番目まで徐々に増え、ちょうど100番目にまで達したとき、不思議なことに、遠く離れた場所のサルたちが、いっせいにイモを洗うようになった。あくまで架空の物語で、事実ではない。しかし世界中でベストセラーになった。

本のテーマは核廃絶運動だった。人間の意識は共有し得る、表立って運動しなくても、深く思いをめぐらし、それを伝えていくことで、あるとき核は廃絶されると説いた。幸島のサルの物語は、そうした集団的意識をもとに反核運動を進めるシンボルとなった。

もともとこの物語を創作したのはキースではなく、動物学者ライアル・ワトソンである。『生命潮流』という著作の中で、ある種の暗喩として創作した。彼は科学と神秘に魅せられ、日本の大本教にも帰依していたという。

日本で発見され、半世紀前に報告されたイモ洗いが、欧米で架空の話を生み出した。それが人々の想像するちからや願望によって、独り歩きを始めてしまった。

ところで、わたしが無給の所長を兼務する日本モンキーセンターのニホンザルの群れでも、イモ洗いが独自に発生し、群れの中に広まった。ただし起源が違う。

たき火で焼いたイモを飼育員が与えたところ、熱いイモを冷ますため、池にもっていって水につけるようになった。幸島と違って水の中でごしごしこすり、皮を落として食べる。

やがて子ザルたちが、熱くないイモも、さらにはリンゴやほかの食物も洗って食べるようになった。ここにも文化の伝播と変容が見られる。

サルたちが食物を洗う様子は、いつでもモンキーセンターで見ることができる。ぜひ実物を見て、人間の文化の起源に思いをはせていただきたい。

日経新聞連載新聞記事『幸島のサルに文化の起源』
出典:日経新聞2015年09月13日朝刊  松沢哲郎教授連載「チンパンジーと博士の知の探検」第18回『幸島のサルに文化の起源』