ホーム   出版物   Cortisol analysis of hair of captive chimpanzees (Pan troglodytes)
Yamanashi Y, Morimura N, Mori Y, Hayashi M, Suzuki J (2013) Cortisol analysis of hair of captive chimpanzees (Pan troglodytes) General and Comparative Endocrinology 194. 55-63
飼育チンパンジーの体毛中コルチゾル測定:長期的なストレスの評価指標として

Yumi Yamanashi, Naruki Morimura, Yusuke Mori, Misato Hayashi, Juri Suzuki

Cortisol analysis of hair of captive chimpanzees (Pan troglodytes)

General and Comparative Endocrinology, 194. 55-63, doi: 10.1016/j.ygcen.2013.08.013


要旨

長期的なストレスは動物の行動や健康に影響を与える可能性があるため、その評価は飼育動物の福祉を考えるうえで重要である。コルチゾルは身体的・精神的ストレスにより変動するホルモンであり、これまで血・糞・尿・唾液から測定がおこなわれてきた。しかし集団で飼育されているチンパンジーにおいて、それらサンプルの長期的な収集は難しいことが多く、長期のストレスの検討はほとんどおこなわれてこなかった。そこで今回、比較的長期間のコルチゾルを蓄積すると考えられる体毛に着目し、ストレス指標としての妥当性を検討し、方法論の確立を目指した。まず、体毛中コルチゾル濃度と糞中コルチゾル濃度・行動との相関を検討した。熊本サンクチュアリのオスチンパンジー9個体の腕の毛を一旦ハサミで切り、3か月後に再度生えてきた毛を採取した。また、その間、定期的に排泄された糞を収集し、行動を記録した。毛はメタノールを用い、糞はジエチルエーテルを用いて抽出した後に、ELISA法で測定した。結果、糞中コルチゾル濃度との間にははっきりとした相関はなかったものの、もっとも体毛中コルチゾル濃度の高い個体は糞中コルチゾル濃度も高かった。また、攻撃を受ける頻度との間に正の相関がみられた。そのため、体毛中コルチゾルがチンパンジーにおいても長期的なストレスを反映している可能性が示唆された。次に、毛の長さ・毛の色・体部位・年齢・性別などの生理的な要因の影響を検討するために、熊本サンクチュアリと霊長類研究所のチンパンジー25個体の腕・脇腹・背中より毛を採取し、コルチゾル濃度を測定した。結果、毛の色と体部位が影響を与えていた。黒い毛よりも白い毛から高濃度で検出され、脇腹の毛からは他の部位よりも高濃度で検出された。上記の結果から、体毛は同じ部位から採取し、白い毛を避けることが安定した結果を得るために重要であると考えられた。今後、行動と合わせて評価することで、飼育チンパンジーの福祉に関する理解が深まるだろう。



Abstract

In addition to behavioral evaluations, stress assessments are also important for measuring animal welfare. Assessments of long-term stress are particularly important given that prolonged stress can affect physical health and reproduction. The use of hair cortisol as a marker of long-term stress has been increasing, but there has not yet been any report on the use of such methods with chimpanzees. Therefore, the purpose of this study was to establish and validate a methodology for analyzing hair cortisol in captive chimpanzees. In the first experiment, hair was removed from the arms of nine chimpanzees living in the Kumamoto Sanctuary (KS) and the regrown hair was sampled 3. months later. Fecal samples were collected periodically during the hair-growth period. The results showed that hair cortisol level was positively correlated with the rate of receiving aggression. Although the correlation between hair and fecal cortisol levels was not significant, the individual with the highest hair cortisol concentration also had the highest fecal cortisol concentration. These results suggest that hair cortisol may reflect long-term stress in chimpanzees. In the second experiment, we investigated the physiological factors affecting hair cortisol concentrations. We cut hair from the arms, sides, and backs of 25 chimpanzees living at the KS and the Primate Research Institute. The results revealed that cortisol varied based on source body part and hair whiteness. Therefore, we recommend that hair should always be collected from the same body part and that white hair should be avoided as much as possible.



キーワード

Aggression, All-male group, Chimpanzees, Hair cortisol, Welfare