日本語/English

チンパンジーはおとなと乳児の顔の弁別に形態特徴よりも色特徴を利用する

川口ゆり,中村航洋,友永雅己

Colour matters more than shape for chimpanzees' recognition of developmental face changes

Yuri Kawaguchi, Koyo Nakamura, Masaki Tomonaga

Image Credit: Yuri Kawaguchi

チンパンジーはおとなと乳児の顔の弁別に形態特徴よりも色特徴を利用する

概要

霊長類の乳児には様々な外見の特徴があります。形態的な特徴としては、額や目の大きさが相対的に大きく、鼻や口は小さいことなどがあげられます。これらの特徴は種によらず、ある程度、普遍的に存在すると考えられています。また、多くの霊長類は乳児期だけおとなと異なる特有の肌や体毛の色をしており、例えばチンパンジーの乳児はおとなに比べて明るい肌の色をしています。しかし、こういった特徴がおとなと乳児を弁別する手掛かりとなっているのかはわかっていませんでした。

そこで、本研究ではチンパンジーがおとなと乳児の顔を弁別するのに顔の形態と色のどちらを用いるのかを調べました。チンパンジーにタッチパネル課題を用いて、おとなと乳児の顔を弁別することを訓練したのち、顔の形態と色を独立に操作したモーフィング写真にどのように反応するかを調べました。

結果、チンパンジーは顔の形態以上に色を手がかりにおとなと乳児を弁別することが分かりました。一方、画像解析からは、顔の形態と色ともに発達によって変化することが確認されました。

本研究はチンパンジーは進化において独自に獲得した乳児の特徴である顔の色に対して注目しやすいことを示しています。他個体の顔の色から年齢に関する情報を読み取ることで発達段階に応じた行動をとることができるのかもしれません。

Abstract

Social primates must recognise developmental stages of other conspecifics in order to behave appropriately. Infant faces have peculiar morphological characteristics—relatively large eyes, a small nose, and small mouth—known as baby schema. In addition, the infant faces of many primate species have unique skin coloration. However, it is unclear which features serve as critical cues for chimpanzees to recognise developmental changes in their faces. The present study aimed to investigate the relative contributions of facial shape and colour to age categorisation in chimpanzees. We used a symbolic matching-to-sample task in which chimpanzees were trained to discriminate between adult and infant faces. Then, we tested how their age category judgments transferred to a series of morphed faces which systematically differed in facial shape and colour. Statistical image quantification analysis revealed significant differences both in shape and colour between adult and infant faces. However, we found that facial coloration contributed to age categorisation in chimpanzees more than facial shape. Our results showed that chimpanzees use unique infantile facial coloration as a salient cue when discriminating between adult and infant faces. The display of their developmental stages through facial colour may help chimpanzees to induce appropriate behaviour from other individuals.

Article Information
Kawaguchi Y, Nakamura K, Tomonaga M (2020)Colour matters more than shape for chimpanzees' recognition of developmental face changes Scientific Reports , 10: 18201. https://dx.doi.org/10.1038/s41598-020-75284-2