2012年1月発行

2006年10月1日~2011年9月30日

比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門
研究報告書

京都大学霊長類研究所 所長 松沢哲郎

ごあいさつ
松沢哲郎(京都大学霊長類研究所長)

本報告書は、株式会社ベネッセコーポレーションによる寄附研究部門の活動をまとめたものです。正式名称は、「比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門」です。

平成18年10月1日に京都大学霊長類研究所に設置されました。平成23年9月30日をもって、5年間の設置期間が満了しました。福武總一郎・株式会社ベネッセコーポレーション代表取締役会長兼CEOはじめ関係各位からいただいたご厚情に対し、関係者を代表して深く感謝し御礼申し上げます。

この間に、乳幼児期の発達、子育て、家族に関して、人間とそれ以外の霊長類の比較研究を実施しました。主として、人間に最も近いチンパンジーを対象にした比較研究です。こうした「比較認知発達」という新しい視点から、人間を特徴づける教育やコミュニケーションや育児や家族の問題について、多くの発見・知見を得ることができました。「人間とは何か」という本質的な問いに対して、人間を含めた霊長類の研究から導き出された答えだといえるでしょう。研究成果ならびにその社会への発信については、本報告書ならびに巻末の成果一覧をご覧ください。

そうした研究成果のひとつとして、拙著『想像するちから』(岩波書店)を2011年2月に上梓しました。同書のあとがきに触れているように、ベネッセコーポレーションの寄附研究部門が端緒になっています。2009年10月4日に、東京大学の福武ホールで、本寄附研究部門の活動報告会を一般公開で開催いたしました。そこで初めて披露した研究内容をまとめた著作です。幸い、2011年の科学ジャーナリスト賞ならびに毎日出版文化賞を受賞しました。いただいたご支援に対して厚く御礼申し上げます。なお、寄附研究部門の経理については、別途「収支報告書」をもって株式会社ベネッセコーポレーションに報告し、ご査収いただいています。平成18-23年度の5年間にわたり、各年度3000万円のご寄附をいただきました。これによって人間を主な研究対象とする特定准教授1名と、人間以外の霊長類を主な研究対象とする特定助教1名を雇用し、彼らを中心とした研究体制を整えました。そして、思考言語分野(松沢)と認知学習分野(正高)という関連する2研究分野が連携して、この寄附研究部門の活動を支援してきました。

寄附研究部門の開設期間中に、佐藤弥准教授、林美里助教とその後任の伊村知子助教が着任しました。寄附研究部門終了時点で、佐藤は京都大学の白眉准教授に就任しています。林は思考言語分野の助教になりました。また伊村は思考言語分野(特別推進研究)の特定助教となり、さらに2012年4月からは新潟国際情報大学講師に着任が決まっています。こうして寄附研究部門のおかげで、「比較認知発達」という新しい研究領域を立ち上げるとともに、若い研究者が着実にステップアップできたことを最後にご報告申し上げます。

本報告書に盛り込まれた研究成果について、ご感想やご意見をいただければ幸甚です。今後とも、京都大学霊長類研究所の研究・教育・社会貢献に対してご支援を賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

「アウトグループ」という発想
ボノボ、オランウータン、ゴリラから人間を考える

松沢哲郎

全文を読む

自閉症スペクトラムの心理・神経メカニズム

佐藤弥

全文を読む

チンパンジーの認知発達研究

林美里

全文を読む

ヒトとチンパンジー乳児の視覚世界

伊村知子

全文を読む

ひとりひとりに合った日本語読み書き支援のための障害評価法と汎用性のあるlT統一教材の開発

正高信男

全文を読む

設置期間中の研究業績一覧

(2006年~2011年9月末日まで)

松沢哲郎

■論文(英文)
■著書(英文)
  • Matsuzawa, T., & Kourouma, M. (2008). The green corridor project: Long-term research and conservation in Bossou, Guinea. In: Wrangham, R. & Ross, E. (eds.), Science and conservation in African forests: The benefits of long-term research, pp. 201-212, Cambridge University Press.
  • Lonsdorf, E., Ross, S., & Matsuzawa, T. (2010). The mind of the chimpanzee: Ecological and experimental perspectives. The University of Chicago Press.
  • Matsuzawa, T. (2010). A trade-off theory of intelligence. In: Mareschal, D. et al. (eds.), The making of human concepts. Pp. 227-245, Oxford University Press.
  • Matsuzawa, T, Humle, T., & Sugiyama, Y. (2011). The Chimpanzees of Bossou and Nimba. Springer.



佐藤弥

■論文(英文)
  • Okada, T., Sato, W., & Toichi, M. (2006).Right hemispheric dominance in gaze-triggered reflexive shift of attention in humans.Brain and Cognition, 62, 128-133.
  • Sato, W. & Aoki, S. (2006).Right hemispheric dominance in processing of unconscious negative emotion.Brain and Cognition, 62, 261-266.
  • Yoshikawa, S. & Sato, W. (2006).Enhanced perceptual, emotional, and motor processing in response to dynamic facial expressions of emotion.Japanese Psychological Research, 48, 213-222.
  • Sato, W. & Yoshikawa, S. (2007).Enhanced experience of emotional arousal in response to dynamic facial expressions.Journal of Nonverbal Behavior, 31, 119-135.
  • Sato, W., Noguchi, M., & Yoshikawa, S. (2007).Emotion elicitation effect of films in a Japanese sample.Social Behavior and Personality, 38, 863-874.
  • Sato, W., Okada, T., & Toichi, M. (2007).Attentional shift by gaze is triggered without awareness.Experimental Brain Research, 183, 87-94.
  • Sato, W., & Yoshikawa, S. (2007).Spontaneous facial mimicry in response to dynamic facial expressions.Cognition, 104, 1-18.
  • Okada, T., Sato, W., Kubota, Y., Usui, K., Inoue, Y., Murai, T., Hayashi, T., & Toichi, M. (2008).Involvement of medial temporal structures in reflexive attentional shift by gaze.Social Cognitive and Affective Neuroscience, 3, 80-88.
  • Sato, W., Fujimura, T., & Suzuki, N. (2008).Enhanced facial EMG activity in response to dynamic facial expressions.International Journal of Psychophysiology, 70, 70-74.
  • Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., & Yoshikawa, S. (2008).Time course of superior temporal sulcus activity in response to eye gaze: A combined fMRI and MEG study. Social Cognitive and Affective Neuroscience, 3, 224-232.
  • Yoshikawa, S., & Sato, W. (2008).Dynamic facial expressions of emotion induce representational momentum.Cognitive, Affective, and Behavioral Neuroscience, 8, 25-31.
  • Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., & Yoshikawa, S. (2009).Commonalities in the neural mechanisms underlying automatic attentional shifts by gaze, gestures, and symbols.Neuroimage, 45, 984-992.
  • Sato, W., Uono, S., Matsuura, N., & Toichi, M. (2009).Misrecognition of facial expressions in delinquents.Child and Adolescent Psychiatry and Mental Health, 3, 27
  • Sato, W., & Yoshikawa, S. (2009).Anti-expressions: Artificial control stimuli for emotional facial expressions regarding visual properties.Social Behavior and Personality, 37, 491-502.
  • Uono, S., Sato, W., & Toichi, M. (2009).Dynamic fearful expressions enhance gaze-triggered attention orienting in high and low anxiety individuals.Social Behavior and Personality, 37, 1313-1326.
  • Uono, S., Sato, W., Michimata, C., Yoshikawa, S., & Toichi, M. (2009).Facilitation of gaze-triggered attention orienting by a fearful expression and its relationship to anxiety.Psychologia, 52, 188-197.
  • Uono, S., Sato, W., & Toichi, M. (2009). Dynamicfearful gaze does not enhance attention orientingin individuals with Asperger's disorder. Brain andCognition, 71 , 229-233.
  • Adams, R. B. Jr., Rule, N. O., Franklin, R. G. Jr.,Wang, E., Stevenson, M. T., Yoshikawa, S.,Nomura, M., Sato, W., Kveraga, K., & Ambady,N. (2010). Cross-cultural reading the mind in theeyes : An fMRI investigation. Journal of CognitiveNeuroscience, 22, 97-1 08.
  • Fujimura, T., Sato, W., & Suzuki, N. (2010). Facialexpression arousal level modulates facial mimicry.International Journal ofPsychophysiology, 76,88-92.
  • Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., & Yoshikawa, S.(2010). Amygdala integrates emotional expressionand gaze direction in response to dynamic facialexpressions. Neuroimage, 50, 1658- 1665.
  • Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., & Yoshikawa, S.(2010). Automatic attentional shifts by gaze,gestures, and symbols. Psychologia, 53, 27-35.
  • Sato, W., Kochiyama, T., & Yoshikawa, S. (2010).Amygdala activity in response to forward versusbackward dynamic facial expressions. BrainResearch, 13 15, 92-99.
  • Sato, W., Uono, S., Okada, T., & Toichi, M. (2010).Impairment of unconscious, but not conscious,gaze-triggered attention orienting in Asperger'sdisorder. Research in A utism Spectrum Disorders,4, 782-786.
  • Sato, W., & Yoshikawa, S. (2010). Detection ofemotional facial expressions and anti-expressions.Visual Cognition, 18, 369-388.
  • Uono, S., Sato, W., & Toichi, M. (2010). Brief report:Representational momentum for dynamic facialexpressions in pervasive developmental disorder.Journal ofA utism and Developmental Disorders,40, 371-377.
  • Sato, W., Kochiyama, T., & Yoshikawa, S. (201 1).The inversion effect for neutral and emotionalfacial expressions on amygdala activity. BrainResearch, 1378, 84-90.
  • Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., Matsuda, K., Usui,K., Inoue, Y., & Toichi, M. (201 1). Rapidamygdala gamma oscillations in response tofearful facial expressions. Neuropsychologia, 49,612-617.
  • Okada, T., Sato, W., Kubota, Y, Toichi, M., & Murai,T. (in press) Right hemispheric dominance andinterhemispheric cooperation in reflexiveattentional shift by gaze. Psychiatry and ClinicalNe urosciences.
  • Sato, W., Kochiyama, T., Uono, S., Matsuda, K., Usui,K., Inoue, Y, & Toichi, M. (in press) Temporalprofile of amygdala gamma oscillations inresponse to faces. Journal of CognitiveNe uroscience.
  • Uono, S., Sato, W., & Toichi, M. (in press) Thespecific impairment of fearful expressionrecognition and its atypical development inpervasive developmental disorder. SocialNeuroscience.
■論文(和文)
  • 佐藤弥(2006).鼻部皮膚温は情動の質的指標となるか?量的指標となるか?ベビーサイエンス,6,9-11.
  • 佐藤弥(2006).情動的な対人コミュニケーションの神経メカニズム.こころの臨床アラカルト,25, 195-201.
  • 佐藤弥(2007).広汎性発達障害における対人相互作用の障害の神経基盤.こころの臨床アラカルト, 26, 243-247.
  • 魚野翔太・佐藤弥・道又爾・吉川左紀子・十一元三(2007).状態不安と恐怖表情が視線による注意シフトに与える影響.電子情報通信学会技術研究報告HCS 2006-65, 37-42.
  • 藤村友美・佐藤弥・鈴木直人(2008).動画および静止画表情に対する顔面筋電図反応-表情の覚醒度が及ぼす影響-.電子情報通信学会技術研究報告108, 23-28.
  • 野口素子・佐藤弥・吉川左紀子(2008).情動強度尺度日本語版の作成.対人社会心理学研究, 8,103-110.
  • 佐藤弥・魚野翔太・十一元三(2008).アスペルガー障害と扁桃体. Clinical Neuroscience, 26,458-459.
  • 佐藤弥・魚野翔太・松浦直己・十一元三(2008).非行少年における表情認識の問題.電子情報通信学会技術研究報告, 108, 1-6.
  • 佐藤弥(2009).情動の脳内機構:恐怖. BrainMedical, 21, 331-336.
  • 中村透・山本松樹・佐藤弥(2010).映像刺激環境における心理状態と生理指標との相関モデルの研究.生体医工学, 48, 197-206.
  • 佐藤弥(2010).チンパンジーとの比較から学ぶヒトの視線処理の進化: 友永論文へのコメント.心理学評論, 53, 315-317.
  • 佐藤弥(2011).顔を処理する脳活動の時空間パタン.基礎心理学研究, 29, 171-175.
  • 佐藤弥(2011)身体運動知覚における後部上側頭溝のふるまい.ベビーサイエンス10, 19-20.
■著書(英文)
  • Sato, W. (2008). The information processing role ofthe amygdala in emotion. In: Jimmy, O. (ed.)"Affective computing: Emotion modelling,synthesis and recognition." pp 297-308. I-TechEducation and Publishing, Vienna, Austria.
■著書(和文)
  • 佐藤弥(2007).動的表情を処理する心のはたらき.京都大学霊長類研究所(編), 『霊長類進化の科学』 pp. 247-256.京都大学学術出版会.
  • 佐藤弥(監修;分担執筆)(2007).他人を映す脳の鏡.日経サイエンス編集部(編), 『脳から見た心の世界 』 pp.6-13.日経サイエンス.
  • 佐藤弥・十一元三(監修;分担執筆) (2007).自閉症の原因に迫る.日経サイエンス編集部(編),『脳から見た心の世界part3』 pp. 14-22.日経サイエンス.
  • 佐藤弥・魚野翔太・鈴木直人(2010).情動.村上郁也(編), 『イラストレクチャー認知神経科学:心理学と脳科学が解くこころの仕組み』pp. 197-214.オーム社.
  • 佐藤弥(2009).サルは鏡に自分が映っているのがわかりますか?京都大学霊長類研究所(編),『新しい霊長類学:人を深く知るための100間100答』 pp. 164-166.講談社.
  • 佐藤弥(2009).知能は人の何歳ぐらいですか?京都大学霊長類研究所(編), 『新しい霊長類学:人を深く知るための100問100答』 pp.181-184.講談社.
  • 佐藤弥(2011).表情.京都大学心理学連合(編),『心理学概論』 pp. 162-166.ナカニシヤ.佐藤弥・十一元三(分担執筆) (2007).項目執筆.日本自閉症スペクトラム学会(編), 『自閉症スペクトラム用語集』教育出版.
■学会発表(英文)
  • Uono, S., Sato, W., & Toichi, M. (2009).Representational momentum for dynamic facialexpressions in individuals with pervasivedevelopmental disorders. International Society forResearch on Emotion 2009 Conference (Aug.2009, Leuven, Belgium).
  • Sato, W., Kochiyama, T.5 Uono, S., & Yoshikawa, S.(2010). Commonalities in the neural mechanismsunderlying automatic attentional shifts by gaze,gestures, and symbols. Neuro Talk 2010 (Jun.2010, Singapore, Singapore).
  • Sato, W. (2011). Temporal profile of amygdalaactivity in response to emotional facialexpressions. International Society for Research onEmotion 2011 (July. 2011, Kyoto, Japan).
■学会発表(和文)
  • 魚野翔太・佐藤弥・道又爾・吉川左紀子・十一元三(2007).状態不安と恐怖表情が視線による注意シフトに与える影響.電子情報通信学会,名古屋,2007年3月24日.
  • 佐藤弥(2007).動的表情に対する感情喚起・表情応答.第48回日本社会心理学会,東京,2007年9月23日.
  • 魚野翔太・佐藤弥・吉川左紀子・十一元三(2007).動的表情が視線による注意シフトに与える影響.第71回日本心理学会,東京,2007年9月18日.
  • 佐藤弥(2008).表情と視線の交互作用:心理学と神経科学の知見.特定領域研究「実験社会科学」集団班ワークショップ,札幌,2008年3月5日.
  • 佐藤弥(2008).動的表情を処理する心と脳のメカニズム.第13回日本顔学会大会,東京,2008年10月12日.
  • 佐藤弥(2008).表情と視線の交互作用:心理学と神経科学の知見.第10回日本ヒト脳機能マッピング学会,山形,2008年6月6日.
  • 佐藤弥・魚野翔太・松浦直己・十一元三(2008). 非行少年における表情認識の問題.電子情報通信学会,東京,2008年10月11日.
  • 佐藤弥・魚野翔太・岡田俊・十一元三(2008).アスペルガー障害における視線による注意シフト(1)-閾下呈示の影響-.第72回日本心理学会,札幌,2008年9月21日
  • 魚野翔太・佐藤弥・十一元三(2008).アスペルガー障害における視線による注意シフト(2) -動的表情の影響-.第72回日本心理学会,礼幌,2008年9月21日.
  • 魚野翔太・佐藤弥・十一元三(2010).広汎性発達障害における恐怖表情の認識障害とその発達過程.日本発達心理学会第21回大会,神戸,2010年3月27日.
  • 佐藤弥(2010).情動コミュニケーションと脳:扁桃体の役割.第5回日本情動研究会,京都,2010年9月25日.
  • 佐藤弥(2010).情動における扁桃体の役割.第51回日本児童青年精神医学会,前橋, 2010年10月30日.
  • 佐藤弥・河内山隆紀・魚野翔太・松田一己・臼井桂子・井上有史・十一元三(2010).恐怖表情に対する扁桃体のすばやいガンマ波活動.第6回犬山比較社会認知シンポジウム,犬山,2010年12月18日.
  • 魚野翔太・佐藤弥・十一元三・河内山隆紀(2011).自閉症スペクトラム障害における動的表情処理の神経基盤.日本発達心理学会第22回大会,東京,2011年3月25日.
  • 佐藤弥(2011).動的表情を処理する心理・神経メカニズム.第75回日本心理学会,東京 2011年9月15日.
■その他(和文)
  • 佐藤弥,魚野翔太(2006).視線認知の神経メカニズム.心理学ワールド34, 13-16.
  • 佐藤弥(監修) (2007).他人を映す脳の鏡.(Rizzolatti, G著, Mirrors in the brain) 18-26,日経サイエンス2007-2.
  • 佐藤弥(2007).ヒトの表情のメカニズムを解明する.BERD8,44-45. (インタビュー)
  • 佐藤弥,十一元三(監修) (2007).自閉症の原因に迫る. (Ramachandran, V..著 Broken mirrors)28-36,日経サイエンス2007-2.
  • 佐藤弥(2008).顔人. J-Face Newsletter 37, 4. (インタビュー)
  • 佐藤弥(2008).テレビ NHK 解体新ショー顔知覚の神経基盤. (出演・取材協力)
  • 佐藤弥(2008).テレビ NHK 解体新ショーくまの生理学的メカニズム. (取材協力)
  • 佐藤弥・魚野翔太・松浦直己・十一元三(2008).非行少年における表情認識の問題.明治安田こころの健康財団研究助成論文集43, 157-163.
  • 佐藤弥(2010).テレビ 日本テレビ 世界一受けたい授業 顔の心理学.(出演・取材協力)
  • 佐藤弥(2010).テレビ テレビ東京 たけしのニッポンのミカタ!顔学.(取材協力)
  • 佐藤弥・柳田素子・東樹宏和(2011).特別対談:最先端・次世代研究開発支援プログラム.京都大学次世代研究者育成センターだより, 2, 2-4.(対談)



林美里

■論文(英文)
■論文(和文)
  • 林美里(2009).チンパンジーの認知発達研究-その方法と実際.文化人類学研究,早稲田大学文化人類学会10: 13-27および77-101 (特集討論: 「エスノグラフイ-の素朴」から方法論の深化-)
  • 林美里(2010).対象操作から見たチンパンジーとヒトの認知発達.心理学評論53:353-365
■著書(英文)
  • Hayashi, M, & Takeshita, H. (2009). Comparativestudy on the development of manipulative skillsin chimpanzees and humans. In: Pelligrino, L. T.(ed.) "Handbook of motor skills: development,impairment and therapy." pp 223-236, NovaScience Publishers Inc.
  • Hayashi, M. (2010). Using an object manipulationtask as a scale for cognitive development inchimpanzees and humans. In: Lonsdorf, E., Steve,R., & Matsuzawa, T. (eds.) "The mind of thechimpanzee." pp 32-4 1. Chicago UniversityPress.
  • Hayashi, M., & Inoue-Nakamura, N. (2011). Fromhandling stones and nuts to tool-use. In:Matsuzawa, T., Humle, T., & Sugiyama, Y. (eds.)"The Chimpanzees of Bossou and Nimba." pp175-182, Springer.
■著書(和文)
  • 林美里(2011).人間とは何か-チンパンジー研究から見えてきたこと,松沢哲郎編,分担執筆.
■学会発表(英文)
  • Hayashi, M. (2010). Cognitive development in captiveand wild chimpanzees.第152回日本動物心理学会例会, (April, 2010, Nagoya).
  • Hayashi, M., Takeshita H. (2010). Stacking blocks inchimpanzees and humans. The 23rd Congress ofthe International Primatological Society,(September, 2010, Kyoto).
  • Hayashi, M. (2010). Cognitive development inchimpanzees assessed by object manipulation.HOPE-GM Lectures on Primate Mind andSociety, (March, Kyoto).
  • Hayashi, M., & Takeshita, H. (2010). Cognitivedevelopment in chimpanzees and humansassessed in object manipulation tasks. XVIIthBiennial International Conference on InfantStudies, (March, Baltimore, USA).
  • Hayashi, M. (2008). Stacking blocks in chimpanzeesand humans, 28th May 2008, Symposium onComparative Cognitive Science 2008 "PrimateOrigins of Human Mind", Kyoto
  • Hayashi, M., & Takeshita, H. (2008). Comparisonbetween chimpanzees and humans in face-to-facetasks using blocks, International Primatological Society XXII Congress, (Aug, 2008, Edinburgh,UK).
  • Hayashi, M. (2007). Cognitive Development inChimpanzees and Humans Assessed by37Stacking-Block Tasks. 2007 Society for Researchin Child Development Biennial Meeting, (March,2007, Boston).
■学会発表(和文)
  • 林美里・竹下秀子(2007).突起のついた積木をつむ課題にみる行動方略:チンパンジーとヒトの比較.第23回日本霊長類学会,彦根, 7月15日.
  • 斎藤亜矢・林美里・竹下秀子(2007).チンパンジーとヒト幼児の描画行動の比較.第23回日本霊長類学会,彦根,7月15日.
  • 林美里(2007).物の扱い方にみるチンパンジーとヒトの認知発達.第4回子ども学会議(招待ポスター発表),東京 2007年9月15-16日.
  • 林美里・竹下秀子(2008).積木を使った課題にみるチンパンジーとヒトの認知発達.日本発達心理学会第19回大会,大阪 2008年3月20日.
  • 林美里(2008).幼児期以降のチンパンジーを対象とした対面検査課題 SAGA11,東京 2008年11月15-16日.
  • 林美里・竹下秀子(2009).チンパンジーとヒトの幼児における積木の配列行動.第25回日本霊長類学会大会,各務原,中部学院大学,2009年7月19日.
  • 林美里・竹下秀子(2009).チンパンジーとヒトの積木の操作にみる認知発達.日本動物心理学会第69回大会,岐阜,岐阜大学2009年9月27日.
  • 林美里・竹下秀子(2010).チンパンジーとヒト幼児における積木の分類.第21回日本発達心理学会大会,神戸市,2010年3月26日.
  • 林美里・竹下秀子(2010).物の操作課題からみたチンパンジーとヒトの認知発達.日本赤ちゃん学会第10回学術集会,東京,2010年6月12日.
  • 林美里(2010).チンパンジーを対象とした対面課題.第13回SAGAシンポジウム,横浜,2010年11月13日.
  • 林美里・竹下秀子(2011).ヒト幼児と大型類人猿の積木の操作にみる物理的な特性の理解.日本発達心理学会第22回大会,東京,2011年3月26日.
■その他(和文)
  • 林美里(2006).チンパンジーの物の操作にみる認知発達.発達107号,pplO4-112.
  • 林美里(2007).積み木を積む.発達111号,pplO4-112.
  • 林美里(2007).こころの発達/知性.朝日新聞関西版科学欄「波」,10月8日/12日掲載.
  • 林美里(2007).物遊びからチンパンジーとヒトの発達を比較する.名古屋経済大学,10月20日.霊長類研究所講演会「京都大学がやってくる-動物研究の最前線-」.(招待講演)
  • 林美里(2008).物にかかわる知性をさぐる - 対面検査と野生チンパンジーのくらし.発達115号,pp104-112.
  • 林美里(2009).チンパンジーの生活と知性.発達119号,pp99-107.
  • 林美里(2009).チンパンジーの発達研究.京都大38学総合技術研究会特別公開講座,3月10日,京都.(招待講演)
  • 林美里(2009).チンパンジーの認知発達研究-その方法と実際.早稲田大学文化人類学会第10回総会公開シンポジウム「エスノグラフイーの素朴から方法論の革新へ」,3月 20日,東京.(招待講演)
  • 林美里(2009).チンパンジーの認知発達研究.ベネッセ公開シンポジウム.2009年10月4日,東京.(招待講演)
  • 林美里(2010).チンパンジーにおける障害と死.発達123号,pp98-106.
  • 林美里(2010).チンパンジーとヒトの子育て考.東濃地区障がい児指導方法研究会.2010年6月26日,多治見市なかよし療育センター.(招待講演)
  • 林美里(2010).チンパンジーとヒトの発達.1・2・3歳児を持つ親の勉強部屋.2010年12月2日、犬山市丸山地区学習等供用施設.(招待講演)
  • 林美里(2010).チンパンジーとヒト幼児の積木操作の発達比較から.ヴィゴツキー学研究集会「現代の進化学とヴィゴツキー理論」.2010年7月31日,園田学園女子大学.(招待講演)
  • 林美里(2010).チンパンジーとヒトの比較認知発達研究.総合的な学習.2010年11月6日,福岡大学附属大濠高等学校.(招待講演)
  • 林美里(2011).オランウータンのすむ島で.発達127号,pp94-102.
  • 林美里(2011).チンパンジーの発達研究.働く人の話を聞く会.2011年3月15日,犬山市立城東中学校.(招待講演)
  • 林美里(2011).チンパンジーの研究から.2011年5月9日,名古屋市立江西小学校(招待講演)
  • 林美里(2011).人とヒト、同じことと違っていること.きょうされん安居楽業ゼミナールくらし.2011年7月15日,名古屋,(招待講演)
■その他(英文)
  • Hayashi, M. (2007). Development of Object Manipulation Tasks by Chimpanzees and Humans. The Mind of the Chimpanzee Conference, 23rd March, Chicago, USA. (招待講演)
  • Hayashi, M. (2010). Cognitive development inchimpanzees assessed by object manipulation. HOPE-GM Lectures on Primate Mind andSociety, 22nd March, Kyoto, Japan. (招待講演)



伊村知子

■論文(英文)
■論文(和文)
  • 伊村知子(2010).ヒトとその他の霊長類における奥行き知覚の初期発達.心理学評論,53,318-333.
■論文(和文)
  • 伊村知子(2006).「チンパンジーとヒトの乳児から見た二次元世界一「かげ」から奥行きを知覚する-」,伊村知子・柾木隆寿・北村元隆・鈴木まや・松中久美子(共著),心理学研究のフロンティア,関西学院大学出版会,pp7-21
  • 伊村知子・友永雅己(2008).「視覚の系統発生:ヒト以外の霊長類の知覚発達との比較から」.山口真美・金沢創(編集),知覚・認知の発達心理学入門,北大路書房,Pp,99-112.
  • 白井述・伊村知子(2008).「空間視の初期発達」.山口真美・金沢創(編集),知覚・認知の発達心理学入門,北大路書房,pp、57-68.
  • 伊村知子(分担執筆;2009).新しい霊長類学:人を深く知るための100問100答.京都大学霊長類研究所編.
■著書(和文)
  • 伊村知子(2006).「チンパンジーとヒトの乳児から見た二次元世界一「かげ」から奥行きを知覚する-」,伊村知子・柾木隆寿・北村元隆・鈴木まや・松中久美子(共著),心理学研究のフロンティア,関西学院大学出版会,pp7-21
  • 伊村知子・友永雅己(2008).「視覚の系統発生:ヒト以外の霊長類の知覚発達との比較から」.山口真美・金沢創(編集),知覚・認知の発達心理学入門,北大路書房,Pp,99-112.
  • 白井述・伊村知子(2008).「空間視の初期発達」.山口真美・金沢創(編集),知覚・認知の発達心理学入門,北大路書房,pp、57-68.
  • 伊村知子(分担執筆;2009).新しい霊長類学:人を深く知るための100問100答.京都大学霊長類研究所編.
■学会発表(英文)
  • Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. (2006). The perception of motion trajectory of objects from moving cast shadows in human (Homo sapiens) and Japanese macaque (Macaca fuscata) infants. Third International Workshop on Evolutionary Cognitive Science, (March, 2006, Tokyo, Japan).
  • Imura, T., & Tomonaga, M. (2006). Optical contact affects the chimpanzees' relative size discrimination. The 4rd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition. (September, 2006, Kyoto, Japan).
  • Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. Perception of motion trajectory from moving cast shadow in human infants. Vision Sciences Society 2006 Annual Meeting, (May, 2006, Sarasota, USA).
  • Imura,T., Yamaguchi, M. K., Tomonaga, M., & Yagi, A. Perception of motion trajectory from moving cast shadow in humans and Japanese macaques (Macaca fuscata). 15th Biennial International Conference on Infant Studies, (June, 2006, Kyoto, Japan).
  • Imura, T., Shirai, N., Yamaguchi, M. K., Tomonaga, M., & Yagi, A. Asymmetry on the perception of motion in depth by moving cast shadows. 29th European Conference on Visual Perception, (August, 2006, St. Peteresburg, Russia).
  • Imura, T., & Tomonaga, M. Visual search on the ground-like surface defined by texture gradients in chimpanzees (Pan troglodytes) and humans (Homo sapiens). Vision Sciences Society 2007 Annual Meeting, (May, 2007, Sarasota, USA).
  • Imura, T., Yamaguchi, M.K., Kanazawa, S., Shirai, N., Otsuka, Y., Tomonaga, M., & Yagi, A. Perception of shape from shading and line junctions in infants. 30th European Conference on Visual Perception, (August, 2007, Arezzo, Italy).
  • Imura, T., & Tomonaga, M. (2008). Visual search on the ground-like surface defined by pictorial depth cues in chimpanzees (Pan troglodytes) and humans (Homo sapiens). International Primatological Society XXII Congress, (August, 2008, Edinburgh, UK).
  • Imura, T., Tomonaga, M., & Yonas, A. (2008). Perception of depth from linear perspective and binocular information in a chimpanzee. 31th European Conference on Visual Perception, (August, 2008, Utrecht, Netherlands).
  • Imura, T. (2010). Visual temporal integration on object recognition in chimpanzees and humans. 33th European Conference on Visual Perception, (August, 20 1 0, Lausanne, Switzerland).
  • Imura, T., Adachi, I., Hattori, Y, & Tomonaga, M. (2010). Visual search on the ground-like surface defined by pictorial depth cues in chimpanzees (Pan troglodytes) and humans (Homo sapiens). International Primatological Society XXIII Congress, (September, 20 1 0, Kyoto, Japan).
  • Imura, T. (2011). Dynamic shape perception in slit viewing by chimpanzees and humans. 34th European Conference on Visual Perception, (September, 20 1 1 , Toulouse, France).
■学会発表(和文)
  • 伊村知子・山口真美・友永雅己・八木昭宏(2006).ニホンザル乳児におけるキャストシャドーによる物体の運動軌跡の知覚.日本発達心理学会第17回大会,九州大学,2006年3月21日.
  • 伊村知子・白井述・友永雅己・山口真美・八木昭 宏(2006).キャストシャドーによる対象の接近/後退運動知覚の非対称性.日本基礎心理 学会第25回大会,広島国際大学国際教育センター,2006年6月9日.
  • 伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2006).チンパンジーの大きさの恒常性錯視における線遠近法、影、運動情報の影響.日本動物心理学会第66回大会,京都大学,2006年10月14日.
  • 伊村知子(2006).2次元平面からの3次元奥行知覚に関する比較認知発達的研究.日本心理学会第70回大会,福岡国際会議場,2006年11月5日.
  • 伊村知子(2006).比較認知発達の視点からみた絵画的奥行知覚.RARC(立教大学アミューズメント・リサーチセンター)心理プロジェクト 2006年度第5回公開研究会(立教大学).2006年12月15日.
  • 伊村知子(2007).チンパンジーにおける3次元空間知覚:絵画的手がかりで定義された面の知覚.第143回日本動物心理学会例会,ホテル新名,2007年3月3日.
  • 伊村知子・山口真美・金沢創・白井述・大塚由美子・友永雅己・八木昭宏(2007).ヒト乳児に おける陰影とline junctionからの3次元形状知覚.第40回知覚コロキウム,箱根,2007年3月29日.
  • 伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2007).絵画的手がかりで定義された面における視覚探索-チンパンジーとヒトの比較.日本心理学会第71回大会,東洋大学,2007年9月20日.
  • 伊村知子・友永雅己(2007).陰影からの形状知覚における陰影方向の効果:チンパンジーとヒトの比較.日本動物心理学会第67回大会,早稲田大学,2007年10月8日.
  • 伊村知子・友永雅己(2007).チンパンジーとヒトにおける「地面優位性効果」絵画的手がかりを用いて.日本基礎心理学会第26回大会,上智大学,2007年12月9日.
  • 伊村知子(2009).ヒトとニホンザルの乳児から見た3次元の世界:「影」からものの位置を推測する.日本赤ちゃん学会第9回学術集会,滋賀県立大学,2009年5月16日.
  • 伊村知子・友永雅己(2009).ニホンザル乳児における影の運動からの物体の運動軌跡の知覚.日本霊長類学会第25回大会,中部学院大学,2009年7月19日.
  • 伊村知子・友永雅己・Albert Yonas(2009).チンパンジーにおける両眼視差と線遠近法による奥行きの知覚:エイムズの窓を用いて.日本動物心理学会第69回大会,岐阜大学,2009年9月27日.
  • 伊村知子・友永雅己(2009).チンパンジーにおける陰影とテクスチャからの3次元形状知覚.日本基礎心理学会第28回大会,日本女子大学,2009年12月5日.
  • 伊村知子(2010).スリット視条件下における形態情報の時間的統合過程:チンパンジーとヒトの比較.日本基礎心理学会第29回大会,関西学院大学,2010年11月28日.
  • 伊村知子(2011).チンパンジーとヒトにおけるスリット視条件下の物体認識.日本霊長類学会第27回大会,犬山国際観光センター・フロイデ,2011年7月17日.
■その他(和文)
  • 伊村知子(2009).チンパンジーと3次元世界:平面に奥行きを見る.科学,79,922-923.
  • 伊村知子(2009).ナイトゼミナール-動物からヒトを見る-「チンパンジーの視覚世界」.きょうされん.2009年12月10日,京都,(招待講演)
■その他(英文)
  • Tomonaga, M., & Imura, T. (2008). Pictorial depth perception : From the comparative-developmental perspective. Keio University Global COE program "Center for Advanced Research on Logic and Sensibility", The first general symposium, "Logic of Shadow",(January 1 1, 2008, Tokyo).



正高信男

■論文(英文)
  • Masataka, N. (2005). Difference in arithmeticsubtraction of non-symbolic numerosities by deafand hearing adults. Journal of Deaf Studies andDeaf Education, 1 1, 139-143.
  • Masataka, N., Ohishi, T., Imabayashi, E., Hirakata, M.,& Matsuda, H. (2006). Neural correlates fornumerical processing in the manual mode.Journal of Deaf Studies and Deaf Education, 1 1 ,144-152.
  • Sugiura, H., Tanaka, T., & Masataka, N. (2006).Sound transmission in the habitats of Japanesemacaques and its possible effect on populationdifferences in coo calls. Behaviour, 143,993-1012.
  • Masataka, N. (2007). Music, evolution and language.Developmental Science, 1 0, 35-39.
  • Masataka, N., Ohnishi, T., Imabayashi, E., Hirakata,M., & Matsuda, H. (2007). Neural correlates forlearning to read Roman numerals. Brain &language, 100, 276-282.
  • Masataka, N., Koda, H., Urasopon, N., & Watanabe,K. (2009). Free-ranging macaque mothersexaggerate tool-using behavior when observed byoffspring. PLoS ONE, 4(3), e4768.
  • Wakita, M., Shibasaki, M., Ishizuka, T.,Schnackenberg, J., Fujiwara, M., & Masataka, N.(2010). Measurement of neuronal activity in amacaque monkey in response to animate imagesusing near-infrared spectroscopy (NIRS).Frontiers in Behavioral Neuroscience, 4, 31.
  • Hayakawa, S., Kawai, N., & Masataka, N. (201 1). Theinfluence of color on snake detection as visualsearch in human children. Scientific Reports, 1,80.
  • Ito, H., Kubo-Kawai, N., & Masataka, N. (2011). TheRole of learning the Japanese kuku multiplicationchant in simple arithmetic operations. CreativeEducation, 2, 276-278.
  • Masataka, N. (20 1 1 ). Enhancement of speech-relevantauditory acuity in absolute pitch possessors.Frontiers in Psychology, 2, 101.
  • Masataka, N., Kawai, N., & Hayakawa, S. (2011).Human young children as well as adultsdemonstrate 'superior' rapid snake detectionwhen typical striking posture is displayed by thesnake. PLoS one, 5, el5122.
■著書(和文)
  • 正高信男(2006).ヒトはいかにヒトになったか.pp.238.(2006年11月,岩波書店,東京)
■著書(英文)
  • Masataka, N. (2006). Ontogeny of language. In:Nakayama, M., Mazuka, R. & Shirai, Y. (Eds),"The Handbook of East Asian Psycholinguistics",pp.13-19, Cambridge, Cambridge UniversityPress.
  • Masataka, N. (2007). Baby Talk. In: Tokoro, M. & Mogi, K. (eds.) "Creativity and the Brain".pp.75-90, World Scientific, London.43
比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門 研究報告書
2012年1月
発行
〒484-8506愛知県犬山市宮林41-2
京都大学霊長類研究所
松沢哲郎
寄附研究部門受入責任者
松沢哲郎(京都大学霊長類研究所・所長, 思考言語分野・教授)
研究総括
松沢哲郎(京都大学霊長類研究所・所長, 思考言語分野・教授)
正高信男(認知学習分野・教授)
専任研究者
佐藤弥(白眉プロジェクト・准教授)
林美里(思考言語分野・助教)
伊村知子(思考言語分野・助教)
研究協力者
福島美和(日本学術振興会特別研究員・東京大学先端技術研究センター)
伊藤祐康(認知学習分野・大学院生)
小川詩乃(認知学習分野・大学院生)
清長豊 (認知学習分野・大学院生)
高島友子(思考言語分野・技術補佐員)
事務職員
奥村由香里(思考言語分野)
新谷さとみ(認知学習分野)
道見里美(認知学習分野)
井田美沙子(認知学習分野)
編集
伊村知子