トップ > ビデオクリップ > 行動〜ディスプレイ



ディスプレイ

 ■ディスプレイ display
  akira 【アキラ編2】 体毛を逆立て、体を揺らしたあと、アキラが反動をつけてロープをリズミカルに降りています。その後、壁を両手で平手打ちして、大きな音を出しています。NEW
(撮影日 2008.9.11)

【アイ編】  アイが壁をこぶしでリズミカルに叩き、上にいる人に向けて物を投げています。
(撮影日 2005.10.2)

【アキラ編1】 アキラが建物の壁を叩いた後ロープで体を揺らし、地面を走っています。
(撮影日 2007.12.8)

【アユム編1】 アユムがロープを揺らして音をたてています。その後ペンデーサと向かい合い両手をふっています。
(撮影日 2005.11.13)

【アユム編2】  アユムがロープを揺らして音をたてています。
(撮影日 2005.8.14)

【ペンデーサ編】  ペンデーサが木を頭上で大きく振っています。
(撮影日 2007.3.18)


 ■突進ディスプレイ  charging display

アキラが興奮してアイに攻撃しています。この後ケンカに発展します。(敵対的行動の一種です)
(撮影日 2005.10.2)


 ■他個体に向けてのディスプレイ display toward

【タイヤを蹴る編】 パルが下にいるマリに対してタイヤを蹴っています。
(撮影日 2005.12.4)

【跳び移る編】 パルが下にいる個体に対して、ワイヤーを揺らしたり、ワイヤーからロープへ跳び移ったりしています。
(撮影日 2006.4.29)

【平手打ち編】 アユムが二足でクレオに近づいていき、地面を左手で叩いています。
(撮影日 2005.8.21)


【踏みつけ編】 アユムが両足で丸太を踏みつけ、アキラに対して腕をすばやく動かしています。
(撮影日 2005.10.30)



 ■投げる throw

【石編1】  アユムが石を拾って下手で投げています。
(撮影日 2005.9.25)

【石編2】  アユムが石を拾って下手で投げています。
(撮影日 2005.10.16)

【石編3】 アユムが2回、石を投げつけています。
(撮影日 2006.12.17)

【枝編1】 アユムが枝を折って下手で投げつけています。
(撮影日 2005.12.4)

【枝編2】 アユムがロープで体を揺らしながら、枝を投げつけています。
(撮影日 2007.1.21)


【じょうろ編】 アユムが下手でじょうろを投げつけています。
(撮影日 2006.7.23)

【根編】 パルが木の根を下手で投げています。
(撮影日 2005.10.16)

【ひょうたん編1】 アユムがエンリッチメントとして与えられたひょうたんを、観察者に投げています。
(撮影日 2007.11.4)

【ひょうたん編2】 アユムがエンリッチメントとして与えられたひょうたんの破片を取り、ロープで体をゆらして勢いをつけて観察者に投げています。
(撮影日 2007.11.4)

【バナナ編】  アユムがバナナの皮を下手で投げつけています。
(撮影日 2007.10.14)

【木片編】 パルが竹片2本を連続して撮影者に下手で投げています。2本目は、左鼠径部にはさんでいました。
(撮影日 2005.9.25)


 ■たたく hit

【アユム編1】 アユムレイコの頭と背を叩いています。(敵対的行動の一種です)
(撮影日 2005.11.13)

【アユム編2】 アユムレイコの頭と背を叩いています。
(撮影日 2006.12.17)


 ■ロッキング rock

アキラが毛を逆立てながら、座って身体を左右に揺らしています。
(撮影日 2006.10.15)


 ■踏みつけ stamp

アキラが毛を逆立てながら、片足、または両足で、交互に天板を踏みつけています。
(撮影日 2006.10.15)


 ■平手打ちと踏みつけ slap-stamping

アキラが見物客に向かってパント・フートをし、天板を平手打ちしながらジャンプしています。
(撮影日 2006.10.15)


 ■枝ゆらし sway woody vegitation

アユムが低木を揺らしています。
(撮影日 2005.10.2)







以上の行動目録は、Goodall J. (1989) Glossary of chimpanzee behaviors. (田中正之, 松沢哲郎 訳 (1992) チンパンジーの行動目録. 霊長類研究 8: 123-152.)をもとに作成され、一部改変された。
また、Nishida T. et al. (1999) Ethogram and Ethnography of Mahale Chimpanzees. Anthropological Science 107:141-188.も参考にした(*マーク)。
なお、**のついたものは京都大学霊長類研究所オリジナルの行動目録である。
説明文におけるチンパンジーの名前について、オスは、メスはで示した。


top | ビデオクリップ目次へ | このページの先頭へ
Copyright (c) by Primate Research Institute, Kyoto University