林 美里


京都大学霊長類研究所 思考言語分野 助教
Assistant Professor, Section of Language and Intelligence, Primate Research Institute, Kyoto University

経歴

石川県加賀市出身
2002年京都大学教育学部教育科学科卒業
2004年京都大学理学研究科生物科学専攻大学院修士課程修了
2007年京都大学論文博士号 (理学) 取得
2002年4月から2004年3月日本育英会第一種奨学金受領
2004年4月から2006年9月日本学術振興会特別研究員DC1
2004年4月から中部学院大学非常勤講師 (比較認知発達論)
2006年10月から2008年11月まで京都大学霊長類研究所比較認知発達 (ベネッセコーポレーション) 研究部門助手 (2007年4月からは助教に改称)
2008年12月から現職

研究概要

積木やカップなどの物 (おもちゃ) を使った課題を用いて、チンパンジーとヒトの発達を直接比較する研究をおこなっている。ヒトの発達の特徴をよりよく捉えるため、進化的にもっともヒトに近いチンパンジーの知的な能力の発達を調べている。物を使った課題を対面場面でおこない、同じ物をどのように扱うかを調べることで、言葉を介さずにヒトとチンパンジーを直接比較することができる。野生チンパンジーのくらしや、物を道具として使用する行動についてもフィールド研究を継続している。母子関係や他個体との社会的関係のなかで育まれる、物にかかわる知性の進化と発達に焦点をあて、ヒトとチンパンジーのどこが似ていて、どこが違うのかを明らかにしていきたい。
主な業績

学術論文 -査読誌英文-

Please enable JavaScript in your browser.

学術論文 -査読誌和文-

  • 林美里、竹下秀子 (2002) ボノボとゴリラの子どもの「物遊び」. 動物心理学研究 52: 73-80

著書

  • Hayashi M (2010) Using an object manipulation task as a scale for comparing cognitive development in chimpanzees and humans. In: Ross SR, Lonsdorf EV (Eds) “The mind of the chimpanzee: ecological and experimental perspectives.” The University of Chicago Press, Chicago, Chapter 3
  • Hayashi M, Takeshita H, Matsuzawa T (2006) Cognitive development in apes and humans assessed by object manipulation. In: Matsuzawa T, Tomonaga M, Tanaka M (Eds) “Cognitive development in chimpanzees.” Springer, Tokyo, pp395-410

その他の刊行物

  • 林美里 (2008) 霊長類学60年特集 物の操作にみられる知性とその発達―飼育下と野生のチンパンジー、ヒトとの比較. 科学, 岩波書店, 78: 631-634
  • 宮部貴子・兼子明久・渡邉祥平・林美里(2008)寝たきりになったチンパンジー、レオ. 科学, 岩波書店, 78: 34-35
  • 林美里 (2008) 物にかかわる知性を探る―対面検査と野生チンパンジーのくらし. 発達, ミネルヴァ書房, 115: 104-112
  • 林美里 (2008) 突起のついた積木をつむ. 科学, 岩波書店, 78: 996-997
  • 林美里 (2007) 物の操作と道具使用の発達. 京都大学霊長類研究所(編), 『霊長類進化の科学』, 京都大学学術出版会, pp 233-245
  • 林美里 (2007) こころの発達. 朝日新聞関西版科学欄「波」10月8日掲載
  • 林美里 (2007) 知性. 朝日新聞関西版科学欄「波」10月22日掲載
  • 林美里 (2007) 積木をつむ. 発達, ミネルヴァ書房, 111: 104-112
  • 林美里 (2007) 物を扱う知性―チンパンジーとヒトの比較から. 科学, 岩波書店, 77: 628-631
  • 林美里 (2007) チンパンジーと対面する. 科学, 岩波書店, 77: 990-991
  • 林美里・渡邉祥平・宮部貴子 (2007) チンパンジーの介護. 科学, 岩波書店, 77: 1332-1333
  • 林美里 (2006) いろいろな形の積木をつむ. 科学, 岩波書店, 76: 102-103
  • 林美里 (2006) チンパンジーの物の操作にみる認知発達. 発達, ミネルヴァ書房, 107: 104-112
  • 林美里 (2005) 円柱形の積木をつむ. 科学, 岩波書店, 75: 508-509
  • 林美里 (2004) 入れ子のカップ. 科学, 岩波書店, 74: 1364-1365
  • 林美里、松沢哲郎 (2003) 定位操作の発達-ヒトとの比較-. 友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編)「チンパンジーの認知と行動の発達」, 京都大学学術出版会, pp134-140
  • 林美里、竹下秀子、松沢哲郎 (2003) ボノボとゴリラ乳児の対象操作の発達. 友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編)「チンパンジーの認知と行動の発達」, 京都大学学術出版会, pp374-378
  • 林美里 (2003) はじめての積木つみ. 科学, 岩波書店, 73: 710-711
  • 林美里 (2003) 積木を使って知性をはかる. 科学, 岩波書店, 74: 418-419
  • 林美里 (2002) 子どもたちの物遊び. 科学, 岩波書店, 72: 1160-1161

連絡先

〒484-8506 愛知県犬山市官林41 京都大学霊長類研究所 思考言語分野
Fax: 0568-62-2428