法然院 夜の森の教室

法然院 夜の森の教室

日時
2019年5月19日(日)
午後6時~8時(午後5時半開場)

場所
法然院方丈
http://www.honen-in.jp/

話し手
松沢哲郎先生(京都大学高等研究院特別教授・公益財団法人日本モンキーセンター所長)

演題
分かちあう心の進化:サル学からウマ学に踏み出す

ご予約方法
電話、E-mailにて法然院サンガまでお申込ください。
Tel. 090-1899-3689
Fax. 075-752-1083
E-mail:Byakurenja@aol.com
〒606-8422 京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地 法然院 内
法然院サンガ
法然院のホームページ http://www.honen-in.jp/

第55回 法然院 夜の森の教室『心の進化をさぐる:希望を生みだす知性』

日時
2018年5月20日(日)
午後6時~8時(午後5時半開場)
話し手
松沢哲郎教授(京都大学高等研究院特別教授)

第55回 法然院 夜の森の教室『互いを思いやる心の進化』

日時
2017年5月14日(日)
午後6時~8時(午後5時半開場)
話し手
松沢哲郎教授(京都大学高等研究院特別教授)

第53回 法然院 夜の森の教室『人間とは何か:二足歩行、道具、言語、家族の起源を再考する』

日時
2016年5月29日(日)
午後6時~8時(午後5時半開場)
話し手
松沢哲郎教授(京都大学高等研究院特別教授)

第50回 法然院 夜の森の教室『ジェノサイド[大虐殺]の成り立ち』

日時
2015年6月28日(日)
午後6時~8時(午後5時半開場)
話し手
松沢哲郎教授(国際霊長類学会会長、京都大学霊長類研究所教授)

第46回 法然院 夜の森の教室『最後のチンパンジー

日時
2014年5月31日(土)
午後7時~9時(午後6時半開場)
話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)

第44回 法然院 夜の森の教室『人間とは何か ~第3回 チンパンジーとゴリラの対話~

日時
2013年10月9日(水)
午後7時~9時(午後6時半開場)
 
対談
松沢哲郎(国際霊長類学会・会長)×山極壽一(国際霊長類学会・前会長)
司会:梶田真章 法然院第31代貫主
(法然院サンガWEBページより)

第43回 法然院 夜の森の教室『模倣と想像:人間の心の進化を考える

日時
2013年6月2日(日)
午後6時~8時(午後5時半開場)

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)

第41回 法然院 夜の森の教室『人間とは何か ~第2回 チンパンジーとゴリラの対話~

日時
2012年10月30日(火)
午後7時~9時(午後6時半開場)
 
対談
松沢哲郎(国際霊長類学会・会長)×山極壽一(国際霊長類学会・前会長)
司会:梶田真章 法然院第31代貫主

日本発の学問と言うべき霊長類学〔人間の本性の霊長類的起源を探る研究〕の現代における中心的存在であるお二人による当院では2度目の対談です。皆様方のご参加をお待ち申し上げております。
(法然院サンガWEBページより)

第40回 法然院 夜の森の教室『人間とは何か:アウトグループという発想

日時
2012年5月12日(土)
午後7時~9時

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)
 
松沢先生には、2002年5月に開いた「第1回 夜の森の教室」以来、毎年お話をいただいておりますが、霊長類研究所で産まれたアユムくんももう12歳、アイ、アユムの母子を始め、チンパンジーの生活を見つめ続けて来られ、近年はゴリラやオランウータンが棲息するフィールドにも精力的に足を運ばれている先生の現在のお考えに耳を傾けて下さい。
(法然院サンガWEBページより)

第36回 法然院 夜の森の教室『想像するちから

日時
2011年5月29日(日)
午後7時~9時(午後6時半開場)

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)
 
松沢先生に今年もお話いただけることになりました。先生は近著「想像するちから」で第11回科学ジャーナリスト賞を受賞されましたが、今回は書名そのままのタイトルでお話をいただきます。ご参加をお待ち申し上げております。
(法然院サンガWEBページより)

第34回 法然院 夜の森の教室『人間とは何か ~チンパンジーとゴリラの対話~

日時
2010年10月11日(月・祝)
午後6時半~9時
 
対談
松沢哲郎(京都大学霊長類研究所 所長)×山極壽一(国際霊長類学会 会長)
司会:梶田真章 法然院第31代貫主
(法然院サンガWEBページより)

第32回 法然院 夜の森の教室『アユム10歳:チンパンジーの心と人間の心

日時
2010年5月30日(土)
午後7時~9時

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)

第26回 法然院 夜の森の教室『アユム9歳、アイ32歳、チンパンジーの心の発達

日時
2009年5月30日(土)
午後7時~9時

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)

第20回 法然院 夜の森の教室『人間とは何か:霊長類学60年、アイ・プロジェクト30年

日時
2008年5月31日(土)
午後7時~9時

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)

第16回 法然院 夜の森の教室『チンパンジーの親から子へ:『緑の回廊』と『サンクチュアリ』

日時
2007年5月26日(土)
午後7時~9時

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)

第12回 法然院 夜の森の教室『アイとアユム:見つめあう親子関係の進化

日時
2006年6月10日(土)
午後7時~8時半

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)
 
松沢先生には2002年より毎年5月にお話をいただいてまいりましたが、本年は6月にお招きいたします。2000年に京都大学霊長類研究所で誕生したチンパンジーのアユムくんももう6歳、母親であるアイさんとの親子関係の進化についてお話をいただきます。ご参加をお待ち申し上げております。
(法然院サンガWEBページより)

第8回 法然院 夜の森の教室『アイとアユム:チンパンジーの親子の5年間

日時
2005年5月21日(土)
午後7時~9時

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)
 
松沢先生には2002年より毎年5月にお話をいただいておりますが、 アユムくんももう5歳、その目覚しい成長ぶりとともに アフリカの野生チンパンジーのおかれている厳しい現状についてもお話をいただきます。 (法然院サンガWEBページより)

第6回 法然院 夜の森の教室『チンパンジー:アイとアユムとアフリカの仲間たち

日時
2004年5月29日(土)
午後7時~9時(午後6時半開場)

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)
 
第6回の講師として三たび松沢哲郎先生をお招きいたします。 一昨年5月には「チンパンジーの親子のきずな」、昨年5月には「チンパンジーの親子: 最初の3年間」という演題でお話をいただきました。アユムくんも4歳、アイちゃんと アユムくんとのこの1年間の生活で学ばれたことを加え、アフリカでのご研究についても ご紹介いただきます。皆様のご参加をお待ち申し上げております。
(法然院サンガWEBページより)

第3回 法然院 夜の森の教室『チンパンジーの親子:最初の三年間

日時
2003年5月31日(土)
午後7時~9時(午後6時半開場)

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)
 
人間と人間以外の生命のかかわりを学ぶ中で自分の生き方に関するヒントを得ていただければ との願いを込めて開いております『夜の森の教室』、第3回の講師として再び松沢先生をお招きいたします。 昨年5月には「チンパンジーの親子のきずな」という題でお話いただきましたが 今回は、アイとアユム親子とのこの一年間の生活で学ばれたことを加え、 アユムくん誕生以来の三年間のご研究の成果を語って下さいます。 皆様のご参加をお待ち申し上げております。
(法然院サンガWEBページより)

第1回 法然院 夜の森の教室『チンパンジーの親子のきずな

日時
2002年5月15日(水) 午後7時~

話し手
松沢哲郎教授(京都大学霊長類研究所教授)
 
夜の法然院は、カエルやフクロウの鳴き声が聞こえ、ムササビが木々の間を 飛び交い、昼間とはまた違った雰囲気を醸し出しており、その風土に浸るだけで 「人間も生物の一つの種にすぎない」という科学的論真理を謙虚に承認できる場です。
人間と人間以外の生命のかかわりを学ぶ中で自分の生き方に関するヒントを得ていただければ、 との願いを込めて『夜の森の教室』を始めます。第1回の講師として松沢先生をお招きいたします。 先生はご研究の傍ら「NHK人間講座 進化の隣人チンパンジー~アイとアユムと仲間たち~」 (教育テレビ毎週水曜日午後11時~11時半、再放送は翌週の月曜日午後3時半~4時) の講師を現在務められていますが、お忙しい中、快く講師をお引き受け下さいました。 是非、直接お話に耳を傾けて下さい。ご参加をお待ち申し上げております。
(法然院サンガWEBページより)

イベント 一覧にもどる