ホーム   おしらせ   第14回SAGAシンポジウム

第14回SAGAシンポジウム終了

第14回SAGAシンポジウム

SAGA (アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い、Support for African / Asian Great Apes) が、2011年11月12日 (土) – 13日 (日) に熊本市動植物園でシンポジウムをおこないます。


参加方法
どなたでもご参加いただけます。
参加費は無料ですので、とくに事前申込は必要ありません。ただし、熊本市動植物園の入園料(300円)が別途必要です。


プログラム


11月12日 (土) 熊本市動植物園
10:00 オープニング 司会:友永雅己
京都大学霊長類研究所
  開会挨拶 伊谷原一
SAGA代表
京都大学野生動物研究センター
  市長挨拶 幸山政史
熊本市長
10:15 シンポジウム 水辺の大型類人猿 司会:森村成樹
京都大学野生動物研究センター
  ゴリラ:「水と原生林のはざまで」 竹ノ下祐二
中部学院大学子ども学部
  ボノボ:水がボノボを生んだ
~コンゴ盆地のボノボの進化と生活
古市剛史
京都大学霊長類研究所
  チンパンジー:
野生チンパンジーにおける水を用いた遊び
松阪崇久
関西大学人間健康学部
12:15 昼休み
13:15 特別講演
野生大型類人猿4種をみて、人間とは何かを考える
松沢哲郎
京都大学霊長類研究所
14:00 分科会
  水と生きる、動植物園 本田公三
熊本市動植物園
  日本のチンパンジーの将来を考えるパート3 鵜殿俊史
京都大学野生動物研究センター
15:30 分科会フィードバック 司会:友永雅己
京都大学霊長類研究所
16:00 ポスター発表
18:00 懇親会
11月13日 (日) 熊本市動植物園、他
10:00 熊本市動植物園におけるニホンザル展示の新たな取組み 若生謙二
大阪芸術大学環境デザイン学科
10:20 シンポジウム くまもと発、水といのち 司会:本田公三
熊本市動植物園
  殺処分「ゼロ」を目指して 松崎正吉
熊本市動物愛護センター
  絶滅危惧種・スイゼンジノリ復活の夢 椛田聖孝
東海大学農学部
12:00 昼休み
13:00 エクスカーション
  屋形船でみる江津湖ツアー 参加受付終了
  熊本サンクチュアリ見学ツアー 参加受付終了

 

ポスター掲示

日時:11月12日(土)10:00 ~ 11月13日(日)12:00
場所:熊本市動植物園 花の休憩所


ブース展示

日時:11月12日(土)10:00 ~ 11月13日(日)12:00
場所:熊本市動植物園 動物資料館前および中央ステージ前


詳しくは、SAGAホームページをご覧ください。
SAGA:http://www.saga-jp.org/

 

主催: SAGA14実行委員会
共催: 熊本市、京都大学野生動物研究センター・熊本サンクチュアリ
後援: (社)日本動物園水族館協会、熊本県、熊本市教育委員会