ホーム   おしらせ   2012年11月17-18日にSAGA15シンポジウムが札幌で開催されます
2012.10 .05

(終了) 2012年11月17-18日にSAGA15シンポジウムが札幌で開催されます

SAGA15は盛況のうちに終了いたしました。多数の方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

SAGA15 flyer

SAGA(アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い Support for African/Asian Great Apesの略称)の第15回目のシンポジウムが 2012年11月17・18日に,札幌市立大学および札幌市円山動物園で開催されます。

SAGAシンポジウムでは,大型類人猿の研究・飼育・自然保護に関した多くの講演,発表,分科会がおこなわれます。
興味がある方なら誰でもご参加いただけます。

参加費は無料です(ただし2日目会場となる札幌市円山動物園は入園料が必要です)。

特に事前申し込みは必要ありません。
ただし,2日目のジェーングドール博士特別講演会聴講,ポスター発表,懇親会参加,ブース出展を希望される方は, 事前申込が必要です。

詳しくはSAGA15ホームページにてご確認ください。
http://www.saga-jp.org/sympo/saga15/index.html



What is SAGA?

SAGA logo
SAGA(Support for African/Asian Great Apes)は,チンパンジー(およびボノボ),ゴリラ,オランウータンの3属4種に分類される大型類人猿の現状と将来について,研究・飼育・自然保護という立場から考えるために集まった非営利団体です。 霊長類学者,動物園職員,獣医師,NGO関係者などの有志によって設立されました。

SAGAでは,毎年シンポジウムを開催しています。
SAGAについてもっと詳しく知りたい方は,SAGAのホームページをご覧ください。
SAGAホームページ: http://www.saga-jp.org/index.html